赤神山本山縁起

当山・赤神山(本山)は、伝わるところにより、前漢王朝の孝武皇帝(漢の武帝)の祠と称します。赤神神社の旧記が述べるところによると、景行天皇二年の壬申の年に、赤神は天上から降臨しました。また、土地の言い伝えによると、景行天皇の皇子である日本武尊が化して白鳥になり、武帝を迎えようと漢の国へ飛び立ったともされています。武帝は白い鹿に引かせた飛車に乗り、漢の赤旗をはためかせ、仙女の西王母をともなって男鹿島(男鹿半島)へ到来しました。その際に、五匹の鬼が化して五色の蝙蝠になり、武帝につき従ったので、武帝は蝙蝠を景行天皇への使者に立てました。時世は、景行天皇十年の庚辰の年の冬、十月のことでした。また、景行天皇十一年の辛巳の年の春、三月のこととも云われています。天皇は臣下の武内宿禰をつかわすことにして北国の視察を申しつけました。宿禰は男鹿島へおもむいて神威をまのあたりにし、天皇にありのままを奏上しました。朝廷は宿禰の奏上によって、皇女のひとりを使節とし、宿禰とともに男鹿島へ向かわせ、武帝を祭らせることにしました。この故事が起源になり、当山は赤神山と命名されました。皇女は武帝の妃になった赤木大明神です。
武帝の使者になった五鬼は眉間・逆頬・眼光鬼・首人鬼・押領鬼と呼ばれていました。眉間・逆頬は父母であり、眼光鬼・首人鬼・押領鬼は子でありました。その父母はすでに死んでしまいましたが、子の三鬼は死なず、今もなお、男神窟・女神窟・海邊窟をすみかにしています。

赤神山日積寺永禅院

貞観二年の庚辰の年に、清和天皇の詔によって比叡山延暦寺住職の慈覚大師(円仁)が赤神山に着到すると、堂塔寺院を建立して赤神山日積寺永禅坊と命名しました。慈覚大師は図に描いた武帝飛来の姿を赤神山の御神体にしました。さらに、智人上人の髑髏を彫って一寸二分の薬師如来像を作り、瑠璃の箱に入れたものを石の宝蔵に納め、社殿に安置しました。慈覚大師は洞穴の先の小島を訪れ、幣帛を捧げて神に祈りました。小島は慈覚大師の祈願に由来して御幣島と命名されました。以後、世の中に本地垂迹の思想が行きわたり、赤神権現は薬師如来、赤木大明神は不動明王、眼光鬼は普賢菩薩、首人鬼は文殊菩薩、押領鬼は阿弥陀如来と称します。

五社堂

建保四年の丙子の年に、僧職の別当に任官した円転は夢にあらわれた神仏のお告げに心を動かされ、鎌倉幕府に訴え出ました。幕府の征夷大将軍である源右大臣実朝は円転に命じ、比叡山日吉大社の堂社寺院をことごとく赤神山へ写し取らせました。かつての七社から二社を廃して今にのこる五社堂が日吉大社の山王七社を鑑にする所以です。男鹿島の台島村には石柱があり、石柱に刻まれた碑文によると、赤神山へ通じる坂道は七里におよび、境内は四十八坊の寺院でにぎわい、そのほかの堂社にいたっては指折ることもできない壮観とされています。この時代に赤神山は最盛期を迎えました。

男鹿本山赤神神社

明治元年三月、神道国教化のため明治政府が発令した神仏分離令により日積寺永禅院は廃寺となり、
永禅院住職三十八世恵山が復飾して神職となり赤神神社として現在に至ります。

PAGE TOP